あにきの育児室

我が家の日常と育児のブログ

トイトレ日記

こんにちは。

あにきパパです。

我が家のトイレトレーニングについての記事です。


f:id:aniki_papa:20210428171903j:image

最近、娘は自分で行けるようになって、自信が出てきました。トイトレ完了なのか!?という所まで来ています。

我が家の経験がみなさんのお役に立てばと思い記事にしました。

 

 

トイレトレーニング開始

トイレトレーニングはいつから始めるのか


一般的には2~3歳から始める人が多いですが、個人差があります。
我が家も2歳になった頃から、始めました。

それまで、トイレに興味を持てるように、おもちゃや絵本で、トイレと言うものに興味が出てきてはいましたが、実際にトイレを行くことさえ嫌がりました。

 

トイレトレーニング初期

保育園でも「トイトレを始めましょう」と言われ、本格的にトイトレが始まりました。

保育園から【トレーニングパンツ】を持ってくるように言われ買いに行くと、トレパンには種類があるんですよね!

 

 

登園時はおむつ、昼間タイミングをみて保育士さんがトレパンにしてくれていました。

休日もなるべく嫌がらない限り、トレパンを履かせるようにして、トイレに誘っていました。

6層のトレパンは厚いのでなかなか乾かなくて、途中から4層に変えました。

でも、保育園からほぼ毎日のようにおしっこやうんちで汚れたトレパンやズボンを見て私は思ったんです!

「どうせパンツもズボンも濡れるならどれも一緒じゃないか?」

6層も4層も夏場には蒸れて、痒がるようになってしまったのもあり、途中からは普通のパンツも平行しました。

トイレ自体に行くのも嫌がるようになった為に、トイレにおしっこが出来たら貼るシールや好きなキャラクターのポスターなどを貼っていました。

トイレトレーニング中期

2歳半頃には、膀胱におしっこが貯められるようなって、間隔が1時間半〜2時間位になりましたが、誘わないと行かないので気づいたらオムツにしてるような感じでした。

その後、おしっこは誘えばトイレで出来るようになって、でもうんちはパンツでした。

うんちの方が難しいとは聞いていましたが、カーテンの中や、部屋の隅にいるなと思っていたら、していました。

この時イヤイヤ期も重なり、パンツにうんちをしていても、「出てない」と言い張ったり、タイミングを見て誘っても嫌がったりしていました。

保育園でも同じで、毎日のように汚れたパンツを洗う日々でした。

色々試行錯誤し、踏み台を変えたり、トイレのポスターを増やしてみたりとしましたが、変化は見られず。

 

トイレトレーニング後期

そろそろ進級も間近だった頃、私が仕事から帰ると「保育園のトイレでうんち出来た」と娘から言われ、私も妻も少し疑いました。でもその夜に家のトイレで出来て本当だったんだなと思いましたが、トイレに誘った時におしっこ、うんち両方が出る感じでした。

うんちをパンツにしてしまうのは変わっていませんでした。

そんな事が続いて、いよいよ保育園の進級がありました。

進級してから急に、自分から「トイレ!!」と言うようになり、うんちも出来るようになりました。

 

幼稚園入園(保育園では3才児クラス)が目標!


 
だいたい幼稚園入園(3才児クラス)までにオムツを外すように言われた!という話を聞きます。

園の方針によって、トイトレ自体をやらない。とか「入園までに外れるように頑張りましょう」という対応ではないでしょうか。

 

娘の通う保育園も、3歳児からの保育をクラス1人の担任が受け持つので、2歳児クラスの、終わり頃はだいぶ焦らされました。

とは言っても、トイトレは頑張ったからと言って進むものではありません。

親側が焦ると、それが伝わるのか、余計に進まなくなると聞いていましたが、本心は焦りました。


トイレトレーニングを進める目安

 

トイトレを進めるには、親の都合だけでは出来ません。子供の様子を見ながら進めるのがいいようです!その目安があるそうです!

膀胱におしっこが貯められる


小さなうちは、膀胱におしっこを貯められないので、頻繁にとおしっこをします。

娘も保育士さんから「20〜30分位の間隔ですね」と聞いていたので、それを目安にトイレに誘うようにしていました。

と行っても目安なので気づいたらオムツに出でたなんて事もありました。

だんたんと膀胱におしっこが貯められるようになりおしっこをする間隔がだいたい2時間以上は空くようになりました。

 

おしっこがしたいと意思表示が出来る


ジェスチャーや、特定の言葉でおしっこがしたいという意思表示が出来ることも大切になります。

落ち着かない、股を触るなど、なんでもいいので意思表示が出来る。

 

歩いてトイレまで行ける・ズボンの上げ下ろしが出来る


自分で歩いてトイレに行ける、ズボンの上げ下ろしが出来るということもトイレトレーニングには必要だそうです。

 

まとめ

娘の場合は、【おしっこを暴行に貯められる】以外は3歳半まで出来ませんでした。

周りプレッシャーなどで焦りもありましたが、1番大事なのは、焦らないで見守ることだったのかな?と思います。

焦る事で娘にも伝わり、余計に進みを止めてしまっていたように感じました。

失敗しても怒ったりせずに冷静に対処するのが大事かと思いました。

娘のトイトレで親としての課題が見え、娘を信じる事の大切さを教わったような気がします。

 

< ブログランキング・にほんブログ村へ